革のある暮らし|財布・小物・バッグの革工房|千葉市・四街道市

革でつくる、革とくらす

個性的なデザインと機能性の両立 | 大人のスマートリュック【ベリーplus】

, …

いつもの「あの場所」「あの街」を、もっと楽しく。
「特別な時間」を過ごせるバッグ。

『ベリーplus』と一緒にどこへ行こう?

休日、いつもの散歩道を『ベリーplus』と一緒にぶらっとしてみる。
カメラ代わりに持ち歩く相棒のスマホは、さっと取れる後ろポケットへ。
「あ!かわいい黒猫ちゃん!」シャッターチャンスもバッチリ。
今日はいつもより、ちょっぴり遠くまで歩いてみよう。

お気に入りの薫りがするハンドクリームは右ポケット。
乾燥が気になる季節はリップも忘れずに。
中央のポケットにはミニ財布。急な出費も心配なし!

傍に置いても絵になるしずく型。
ギュッと抱きしめたくなる、やさしいフォルム。
しっかり革底が支えてくれるので、どこにでも置けちゃう!


ナイロンなどの化学繊維を使って、機能を追求したバッグはたくさんある時代。
だからこそ、環境にやさしい天然素材の帆布や革という素材にこだわって“あたたかみのあるバッグ”をつくりたい。
だけど、帆布というざっくりした生地は成形が難しく、決まった形のモノが多い。
そこで、パタンナー職で培った服づくりの技術と知識を活かして、帆布という生地の特性を捉え、独創性のある立体的なデザインのバッグを提案することに。


日々の暮らしのなかで、毎日持ちたくなるバッグとは?
『ベリーplus』の特徴は「曲線的なデザイン」。
角のあるものよりも曲線的なもののほうが、からだに馴染み、安心感を得ることができると考えた。
そうして辿り着いた「しずく型」。
さらに、機能的で使いやすく毎日持ちたくなる、デザインと機能が上手く共存した合理的な仕様を実現。

思い立ったらすぐ行動。天気のいい日は自転車に限る。
最近凝っているカメラを『ベリーplus』に詰めて。
海もいいし、山もいい。

自然の風景にも溶け込むフォルム。だから違和感なく持ち歩ける。

少年時代に戻って、今日も“自分らしさ”全開で『ベリーplus』と冒険に出かけよう。

仲良し姉妹のぶら散歩。
旅先の街中も、いつもの町も『ベリーplus』と一緒なら気軽にお出かけ。

散歩に欠かせないマイボトルと、お気に入りの本を『ベリーplus』に入れて。

ぶらっと立ち寄った雑貨屋さん。
目が合ってしまったガラス細工の金魚ちゃんをお買い上げ。
まだまだ入る『ベリーplus』。

今日は家族でピクニック。
子ども連れだと両手があくリュックが便利。
でも、ちょっとオシャレに見せたいから『ベリーplus』。

たくさん入るから、ついつい詰め込み過ぎちゃうけど、『ベリーplus』ならガバっと広げて中身を取り出せちゃう!

街中でも自然の風景にも似合ってしまうから不思議。
今日も我が家は『ベリーplus』とお出かけ♪


『ベリーplus』の立体的で個性的な「しずく型」は、バッグ下部のUの字の特徴のある切替によって型出しされます。


スッキリとした縦長のフォルムで、性別に関係なく背負うことのできる大きさとバランスを実現しました。
横幅は細身なので小柄な女性でも持ちやすい一方、縦長なので小さい印象にはならず男性でも持ちやすいサイズ感になっています。
荷物が多くなりがちな女性には、程よくゆったりとした『ベリーplus』の収納スペースがぴったり。
荷物の少ない男性は、『ベリーplus』の縦長フォルムを崩すことなくスマートにお持ちいただけます。


帆布だけで成形している従来の『ベリー』は帆布ならではの素朴でシンプルな印象でしたが、今回の『ベリーplus』ではポイントに革を使用しているので、バッグ一つひとつに表情が生まれました。

使用しているのはプルアップレザーと呼ばれる革で、折り曲げたり引っ張ったりすると革表面の色が変わります。第一印象もさることながら、使うほどに“あなたらしく”変化するバッグの表情をお楽しみください。


『ベリーplus』には、国産の「高島帆布」を使用しています。

滋賀県高島産の織り物は、18世紀後半、江戸時代から続きます。琵琶湖のほとりであるということと、「高島時雨」と呼ばれるように、雨が多く、適度に加湿される環境は糸にとって最適で、繊維が強くなります。「高島帆布」は、古く江戸時代には琵琶湖を往来する帆船の帆に使われていたほど強度に優れ、戦前には柔道着、戦時中は水を汲むバケツ、戦後には靴といった、あらゆる工業用製品の資材として重宝されてきました。

そもそも帆布とは細い糸を何本か擦り合せて織った厚手の織物のため、丈夫で耐久性に優れています。
そして通気性もあり、摩擦による静電気が発生しません。

また、『ベリーplus』に採用した8号規格の上質な「高島帆布」にウォッシュド加工を施すことで、柔らかくホッコリとした味わいのある生地に仕上がり、加工で生地は縮んで綿密度が高くなるのでさらに丈夫さも増しています。

糸のつなぎ目について

下の写真のような糸のつなぎ目は、帆布を織る際に時折できるものです。
品質には全く問題ありません。あらかじめご理解いただいた上でご使用いただき、生地の風合いとしてお楽しみください。

※写真は一例です。つなぎ目の形や大きさは様々です。

『ベリーplus』には、キメ細かくキップ(中牛)に近いバングラデシュ産の成牛を使った『バングラキップ』と呼ばれる原皮を、植物タンニンでなめし、ワックス加工を施したアンティーク調の革「キップワックス」を使用しています。

皮から革へ加工する際の鞣し(なめし)の工程で、オイルを十分に染み込ませることでできあがる「オイルレザー」よりもさらに多くのオイルを含ませた「プルアップレザー」で、オイルを繰り返し浸透させることでしなやかさと強度の増した革に仕上がります。

傷がついてもあまり目立たず、多少の水分はオイルが弾いてくれます。また、指先で押すとオイルがじわっと革の繊維から浮き出て繊維に沿って美しい白いラインが浮かび上がるのが特徴で、使い込んでシワが付いても徐々にオイルが溶け出し絶妙の”ツヤ”をもたらせてくれます。
圧がかかる場所によって色の変化が異なるため、自分だけのエイジングをお楽しみいただけます。


『ベリーplus』は、強度に優れた「高島帆布」を2重に合わせた構造にしています。つまり、内布にも外装とまったく同じ帆布を使っているのです!

この2重構造が、さらにしっかりと「しずく型」をキープし、型崩れを防いでくれます。


持ち手や底など経年で使用感が出やすい部分、ベルトの長さ調整部分、タブなど負荷のかかる部分には、経年で味わい深く変化し強度も高い革を使用し、体に密着するバッグ本体、ベルトの肩に接する部分にはやわらかい帆布を使用しています。


『ベリーplus』の最大の特徴でもある、縦位置に取りつけたファスナー。ワンアクションで縦方向に開閉でき、カーブがないので引っかからずスマートに開け閉めしていただけます。
また、ファスナーを閉める際に便利な「指引っ掛けタブ」もこだわりのポイントです。


『ベリーplus』本体を開けると大きく広がる「三角マチ」。中身の飛び出しを防いでくれる優れモノです。ガバっと広げれば荷物はスムーズに取り出せます。

バッグ本体の縦位置ファスナーには、バッグ上部にスライダー収納を設け、防犯効果を高めました。


バッグ内部に3箇所ある内ポケットは傾斜をつけて入れやすい構造にしています。また、同3箇所のポケットと「三角マチ」の口には帆布とは違う色のテープをくるみ(アイボリーを除く)、視認性を高めることで、中身を取り出しやすい工夫を施しています。


バッグ背面には上下に2つのポケットを配置。上下に2つ収納を設けたことで、入れたものが重ならず厚みが軽減されます。
下ポケットはリュックを下ろさなくても、軽く手をまわすだけで出し入れができます。また、ファスナーが付いていてカギや定期券といったサッと取り出したい貴重品などの収納に便利。もちろんスマートフォンも入ります!
「ダブルファスナー」なので、右利き、左利きに関わらず、どちらからでも、好きな位置から開け閉めできます。片方のスライダーを掴みつつ、もう片方のスライダーを引っ張ることができるので、楽に開閉していただけます!


ショルダーベルトの取り付け部を固定せず、可動する構造なので、なで肩、いかり肩といったどんな肩傾斜の人にもなじむ設計です。
ショルダーベルトの長さ調整幅は20cmで、女性でも男性でも大抵の体型はカバーできる長さとなっています。
また、ショルダーベルト自体の幅は30mmと、肩に食い込むことなくシルエットがスッキリ見えるサイズになっています。

現在、世界で最も有名で信頼されているファスナーブランドは、ファスナー発祥の国アメリカブランドではなく、日本が誇る「YKK」です。YKK(※)のファスナーは、ロック機能、滑らかな開閉、耐久性に優れています。

スライダーへのこだわり
約4㎝の長めのスライダー(取っ手)を採用しています。親指と人差指を使い“てこの原理”でスムーズに開閉できます。

※現在、グループ全体で世界71か国/地域に拠点を持ち、フアスナーでは45%とという圧倒的な世界シェアを占めるYKK。その激しい技術戦争で磨いてきた最先端クオリティは、アメリカ航空宇宙局が宇宙服にYKKの水密・気密ファスナーを採用するなど信頼度の高さを持っています。

※オートマチックロックファスナー
引き手部分を持ち上げるとロックが外れ、開閉できるファスナー

(スライダーが倒れている状態ではロックがかかり、ファスナーが勝手に開いてくることはありません)

素材:8号帆布(ウォッシュド加工)・牛革(オイル系・牛ヌメ革)
幅(最大):約27cm
高さ:約48cm
奥行(最大):約14cm
肩紐長さ:約68~88cm
重さ:約700g
ファスナー:YKK社(オートマチックロックファスナー)

内ポケット:3カ所
表側ポケット:2カ所(背面)

「Hanp Bag Trocco」の代表作である『ベリー』を、革財布で特許をもつ「革のある暮らし」が革でアレンジをして完成したのが『ベリーplus』です。帆布作家と革作家が手を組むことで、お互いの得意分野が活かされ、ひとつの工房では難しかったことが可能となりました。

『ベリーplus』は帆布の良さと革の良さを最大限に活かした「大人のカジュアルリュック」と呼ぶにふさわしい作品に仕上がっています。

わたしたちの自信作が、みなさまの暮らしを彩るアイテムとなることを心より願っています。

コラボ作家さんのご紹介

Hanp Bag Trocco|宮野 陽介

服飾業界で洋服のパタンナーを15年間勤め、自身のバッグブランド「Hanp Bag Trocco」を立ち上げました。

パタンナー職で培った服作りの技術と知識を活かして常識にとらわれないバッグ作りをしています。長い時間一緒にいてもらいたい…という思いから丈夫な帆布で愛着のもてる普段使いバッグをご提案。けれどそんな普段のお出かけも、Troccoこだわりのデザインで「特別なお出かけ」に変えることが出来ればと思っています。

使っていただく方の笑顔を思い浮かべ、すべてを受注生産にて一つひとつ丁寧に縫製しています。

COMMENT ON FACEBOOK

返品保証について

返品保証について

革のある暮らしでは、お気に召さなかった作品については、ご返品を承っております。
オンラインショップ(Creema・minneを除く)でのご購入の場合で未使用品に限りますが、安心してご購入いただけるよう今後も努力していきます。
ご返品をご検討の際は、詳細をご覧ください。

オリジナルノベルティ制作を承ります

「お客様にオリジナルノベルティをプレゼントしたいけど、どうしたらよいだろう?」とお困りの経営者の方は多いのではないでしょうか。
革のある暮らしでは、小ロットからのオリジナル革製ノベルティの制作を承っております。
革製品は多くの方に喜ばれるノベルティになると思います。
お気軽にご相談ください。
オリジナルノベルティ制作を承ります