革のある暮らし(Life with Leather)レザーバッグと革小物

革でつくる、革とくらす

こだわり

こだわり

機能的で美しいデザイン

私たちが作品を制作する上でのポリシーです。
作品の機能性を優先し、その上で「どうすれば美しいデザインになるか」考えています。
革は美的にも性質的にも優れた素材です。ただ、革によって特性が異なるため、その特性に合わせたデザインが必要です。
機能性を重視して、革本来の美しさ、特性を考慮すると、必然的にシンプルなデザインにになりました。

手縫いとミシンの併用

手縫いはとても手間のかかる作業です。
しかし、太糸が使用でき、ミシン縫いよりほつれにくく、デザイン的にも自由が効くことが特徴です。
手縫いのステッチはとても強靭です。強靭であるからこそ、革という優れた素材を活かし、長く愛用することができます。

また、ミシン縫いは作業の速度が手縫いとは比べ物にならないほど早く、ステッチも正確です。
太糸を使いにくい、糸がほつれやすいなどの弱点はありますが、その速さは魅力であり、製品の価格にも反映されます。

私たちは、手縫いとミシン縫いの優れた特性を活かした作品作りを心がけます。

コバ(革の断面)磨き

コバ(革の断面)磨きをすることでコバがなめらかになり、作品の美しさと使いやすさが際立ちます。
革のある暮らしの作品は、コバ磨きをしてあるものとしてないものが共存しています。
コバ磨きはとても手間のかかる作業で、コストがどうしても高く付きます。
ですから、コバ磨きをしない作品は大幅にコストがカットできます。
あえてコバ磨きをしないことで、私たちの作品を少しでも安価にお客様にご提供することが可能になります。
「すこしでも多くの方に私たちの作品を手にしてもらいたい」という思いで、コバ磨きをしない作品をメインに制作しています。
もちろん、ご希望があれば、価格は上がりますが、コバ磨きを作品の隅々まで行うことは可能です。
作品を気に入っていただけたのでしたら、コバ磨きのオプションを指定していただければ、最高のレザークラフトをご提供することが可能です。
ぜひ、お問い合わせのうえ、ご検討いただけたらと存じます。

障がい者との共生

『革のある暮らし』は就労継続支援A型事業所「さくら事業所」とコラボして作品を制作しています。
制作担当者はさくら事業所の職業指導員を兼務しています。
障害があるからできないのではなく、障害があってもできる作業を見つけ、その人の個性に合わせて作業を行っています。
障害があるからといえ、甘えは許されません。
お客様の手に渡るものであることを日頃から意識し、常に丁寧な作業をすることを徹底しています。
健常者と障がい者がともにものづくりを通して、お客様を笑顔にすることの喜びを共有していきます。